先日、実家へ帰った際探し物をしていたら、ガムテープでぐるぐる巻きにされた段ボールが出てきた。
「うわぁ。何か見覚えがある。でも何だっけ?」と思い何を思ったか自宅へ持って帰った。
深夜、旦那や子供達が寝静まった後におそるおそる開けてみると・・・

「ぎゃーーーーーー!!!!」

出るわ、出るわ、
学生時代の手帳、日記、プリクラ達・・・

今はただのおばさんだが当時は恋愛中毒だった。
日記帳には何人もの男性についての悩み、愚痴、ノロケが書いてあった。
「こんなに悩んでたくせに2ヶ月後には他の男に惚れてやがる。私って・・・。」
思わず言葉を失った。
恋愛だけを糧にとても楽しそうに生きている。
若気の至りとはこのことか・・・。

そして初代のプリクラ機がちょうど出た中学の頃。
顔だけのシールを撮るのに何十分も並んだものだ。
垢抜けない芋女が気持ち悪い笑顔で映っているのはホラーだ。
どんどんプリクラ機が進化していくのに時代を感じる。
全身になり、落書きやスタンプの種類も増えている。
大学時代、ビジュアル系にハマっていて、コスプレをしていた事があるのだが、
恐ろしい事にコスプレのプリクラ(コスプリ)も全てご丁寧にとってあった。
黒いアイメイクに黒い口紅。
「誰だこの妖怪は・・・」
頭の中にあの頃が鮮明に蘇ってきて寒気がした。
当時はとても楽しかった。でも今はただの黒歴史。

それらを誰にもバレぬよう二重、三重とゴミ袋に入れ、燃えるゴミの日に捨てたのは言うまでもない。キリツテインの口コミ

意味があることを理解しながら支配に従わないようにしています。その支配がこちらに意味がないからですが、もっと自分に意味があることって上です。下の方のための支配なんかにその先すら脅かされたりするのは当たり前よりできないとかできるとかが理解になってるところくらいです。もっと意味があるのは上なので、支配に従わないのが自分の生活を進めるためにやる必要がある姿勢です。体育着登校だった中学時代には疑問を持たないように必死です。授業も体育着でした。下校も体育着です。制服は集会の時だけで、あとは全部体育着のイメージしかない生活でした。転校する前の中学では制服登校でしたし、体育着はただの着替えです。制服から体育着に着替えるのは習慣でしたけど、自分の時間はあったので、普通のちゃんとした中学でした。体育着は支配下みたいで今も意味が分からなくなります。生活が進んだのか停滞でもしているのか、たまに意味が自分にないような気がして顔が痛いです。清々しさが奪われては生活以下です。イビサクリームの口コミはデリケートゾーンの黒ずみ解消したとあり