支配は生活に意味がないから従わない

意味があることを理解しながら支配に従わないようにしています。その支配がこちらに意味がないからですが、もっと自分に意味があることって上です。下の方のための支配なんかにその先すら脅かされたりするのは当たり前よりできないとかできるとかが理解になってるところくらいです。もっと意味があるのは上なので、支配に従わないのが自分の生活を進めるためにやる必要がある姿勢です。体育着登校だった中学時代には疑問を持たないように必死です。授業も体育着でした。下校も体育着です。制服は集会の時だけで、あとは全部体育着のイメージしかない生活でした。転校する前の中学では制服登校でしたし、体育着はただの着替えです。制服から体育着に着替えるのは習慣でしたけど、自分の時間はあったので、普通のちゃんとした中学でした。体育着は支配下みたいで今も意味が分からなくなります。生活が進んだのか停滞でもしているのか、たまに意味が自分にないような気がして顔が痛いです。清々しさが奪われては生活以下です。イビサクリームの口コミはデリケートゾーンの黒ずみ解消したとあり